エイジングヘアはトリートメントのつけ方に注意

20代の頃はボリュームを抑えることばかり考えていましたが、出産を期に、髪質がガラリと変わってしまいました。
毛量が極端に減った感覚はありませんが、トップのボリュームが何をしても出なくなりました。

髪が長いという事も原因の一つではありますが、敏感肌になり、
頭皮に刺激を与えないようにとトリートメントを毛先にだけつけるようにしたらまたボリューム感が戻りました。

加齢によってクセが出てきたり、毛がやせたりとまとまりが悪くなってしまったので、
トリートメントで補修しようとたっぷりつけていましたが、その重みがボリュームダウンにつながっている事に気付きました。
少しでも根元に油分(トリートメント)が付くとぺたっとしてしまうので、シャンプー後のトリートメント以外でも
アウトバストリートメント、ヘアオイル、スタイリング剤に至るまでとにかく根元につかないように付けるとだいぶふんわり感をキープする事ができます。

良いヘアケア製品を使っているのにボリュームがうまくコントロールできない方は、その使い方に問題があるのかもしれません。
短いヘアスタイルの方に「トリートメントを頭皮につけないように」と言うのは難しい事ですが、セミロング以上の長さがあって、
トップがつぶれやすいと感じている方はトリートメントのつけ方に気をつければ改善する可能性があるので一度お試し下さい。